-->
予測せず思いがけず出会うのが車の事故です。その場面でどのように処理するかで、自動車保険金の支払金も相当大きく違ってくるケースも想像されますので適切な決断力と対策が大事です。思っていない場面で混乱してしまったとしたら重要な場面を忘れてしまい、それから己がとても大きな損をしてしまう時も予測できるので自動車の事故を起こした場合は適切に以下に述べる作業するとよいかもしれません。自動車の事故の遭遇したケースで最も初めにする必要があるのは怪我をした方の確認です。事故直後は訳が分からず呆然としてしまう場合がありなかなか行動できないのが通常です。だから、重軽傷者がいたならば安全が確認された場所に移して処置をし、周りに助けを呼ぶ等人命最優先に努める必要があります。119番通報する状況でははっきりと事故があった場所を伝えて良く分からない状況では周辺の分かり易い建造物や地点を連絡して地点が分かってもらえるようにします。その後で警察署へ連絡して、事故が発生したことそして現状を連絡します。救急車と警察を待っている内に相手の身元を調べます。名前、住んでいるところ、連絡先、免許証、ナンバープレートの番号、相手の保険の会社名等各々の内容を教えあいます。特に相手側に過失があるような状況では、すぐに結論を出そうとすることが考えられますが現場でやり取りするのではなく、どんな風な状態にかかわらず110番や自動車保険会社に連絡して平等に調べてもらうことが重要です。互いの身元を教えたら他の人の妨害になることをやめるために妨げとなる物路上から排除します。どうしても邪魔な物が他の人の交通の妨げとなっている時には、自分と相手の情報を交換するより優先してこれを行うことは大丈夫です。その次に自らがお金を払っている保険会社に電話を入れ、自動車事故が発生したことを告げます。自動車での事故から特定期間内のうちに車の保険会社に連絡しておかないと、保険の適用外に場合も想定されるのでなるべく時をおかずに連絡することが必要不可欠です。事故内容の跡としてコンパクトカメラやタブレットなどで事故の現場や車の壊れた箇所が分かる写真をを撮っておきます。この写真は過失の割合決定する大きな役割とできますので自分自身の自動車や相手方のクルマの壊れた箇所を全てカメラに残しておきます。その状況で目撃した人がいたならば警官や保険会社が到着するまで事故現場に待っていて頂けるように呼びかけることも大事です。

Link

Copyright © 1997 www.parnassusworks.org All Rights Reserved.