-->
カードが不要になりつつある!そのような時は使用取りやめの手続きをしてしまいましょう。能書きはする必要がないというのは百も承知ですがカードの使用取りやめとはあなたが所持しているそのクレジットカードをもうショッピングなどのレジで買うことの出来ない状況にするようなことです。今お読みになっている記事においては契約解除の手段から契約解除に関する留意点などをわかりやすく書いて参ります。このページを一読してもらえれば解約をする時の悩みを取り去って安心してもらえること間違いなしです。割り切って言うとクレジットを解約する方法はすごく手間がかかりません。「カード会社に一度申請をしたらしたくても無効化するのは時間がかかるのではないのか?」あるいは「カード会社の機能停止の手続きが手間な感じがする?」というように思われる方も多いということだと伺っているが拍子抜けすることにクレジットの裏側の面に印字されてある連絡先に問い合わせをしカード無効化の考えを確認するのみで楽ちんで使用不可能化ができます(ほとんど3分ほどの手続きで可能)。カードを使用し始めるときはあり得ない程面倒だったのとは違って解約申請はただ一度の電話で終わってしまうの?と驚いて固まってしまうことだろう。無効化の手順はあっという間におしまいに出来るのでしょうか?ご心配ありません。クレカの機能停止の手続きはごく少数の例外を外すと機能停止のためのフォーマットもない上にしつこく引き止められるようなことも考えられません。完全に一度「使用中の□□クレジットカードを退会したいと考えておりますが!」というように電話口の係員に口頭で意向を言うようにすれば大丈夫です。実は、私の友人も今までに5枚を上回るクレジットを機能停止するためにカード会社の社員と話してきたのですが未だかつて機能停止で揉めたことはないためそういったポイントについては心配しないで頂きたいものです。詳しい人より聞いた、誰かが実際に体験したという噂では契約解除を申請オペレーターに話したところ解約したい都合がどんなことによるのか知りたいと言われることがあったという話を聞きましたが、しつこく追及されるのではなくサービスクオリティの調査に類する軽い聞き方だったと言っていたので、引き止められることも知る限りないということです。レアなケースとして説明しなければいけなくなったという事態があったとしても『予想していたより使わなかったため』であるとか『他のクレジットサービスの方が活用できそうだと考えたから』といった意見を伝えれば問題ないのです

Link

Copyright © 1997 www.parnassusworks.org All Rights Reserved.